報道用資料 2016 年 9 月 28 日 プレスリリース 東洋大学学生団体 Oriental Sky Project 「つめから」プロジェクト

台風被害に見舞われたフィリピンを救う! 東洋大学の学生団体 Oriental Sky Project と 「つめから」プロジェクトが共同で復興支援を開始!

東洋大学の学生団体 Oriental Sky Project(所在地:東京都文京区)と日本赤十字社の活 動を支援する「つめから」プロジェクト(所在地:東京都清瀬市/代表:佐藤 圭)は、2013 年 11 月 8 日の台風による大規模な被害に見舞われたフィリピンの復興支援を共同で開始い たします。 2015 年 5 月、フィリピンの貧困地域の研究と支援を行っている東洋大学の小早川先生と、 「つめから」プロジェクト代表の佐藤圭との出会いがきっかけとなり、今回の共同プロジェ クトが始まりました。

【フィリピン原産のココナッツオイルを通した復興支援活動】

復興支援活動は、フィリピン原産のココナッツオイルを輸入することで、被災された方々 の生活の支援につなげていきたいと考えております。 輸入したココナッツオイルは、石けんの原料として販売をしてまいります。 石けんの開発にあたり、人と環境にやさしい製品をお届けしている TAEKO(伯東株式会 社、本社:東京都新宿区新宿 1-1-13)に、油の分析や処方検討を無償で行っていただきま した。

【2016 年 10 月より、福祉作業所での生産を開始】

このたび開発した石けんは、福祉作業所「サングリーン」(東京都小平市)にて生産を開 始いたします。ココナッツオイルが入った石けんは、水環境にも配慮した純石けんとなって おります。 【今後の展開】 今後は他の福祉作業所でも生産ができるよう、石けんの処方や工程を無償で提供するこ とで、より多くの方が活躍できる場を増やしつつ、環境に配慮した石けんの普及にも繋げて いきたいと考えております。

【東洋大学の学生団体 Oriental Sky Project について】

Oriental Sky Project は、フィリピン、セブ市の都市貧困地域における調査及び支援活動 や、台風で大きな打撃を受けたフィリピンの支援活動を行っています。本団体では、「心が 通う良き社会形成のために、支援の規模やスタイルにこだわらず、想いのある個々人の社会 的貢献を繋げていくこと」を理念として活動しています。現在では、16 名のメンバーが本 団体に参加しております。

<組織概要>

団体名 :東洋大学 Oriental Sky Project 所在地 :東京都文京区本駒込 1-10-2 甫水会館 1 階 代表者 :開田 岬 URL :Facebook「Oriental Sky Project 〜Save Leyte〜」

【「つめから」プロジェクトについて】

近年、広島の大雨災害、御嶽山の噴火、そして東日本大震災や熊本地震など、立て続けに 予期せぬ災害が発生しております。 また災害だけでなく、日頃も困難な生活を送っている 方もいらっしゃいます。 このような中、「つめから」プロジェクトではネイルシールなどを販売した利益の全額を 日本赤十字社の活動資金として寄付し、笑顔があふれる未来になることを信念に、活動を行 っております。

<組織概要>

団体名 :「つめから」プロジェクト (株式会社アーダブレーン つめから事業部) 所在地 :東京都清瀬市中里 3 丁目 1118−1 代表者 :佐藤 圭 URL :http://www.tsumekara.org/ 本件に関するより詳しい内容をご希望の場合、当方ではマスコミの方の取材お申し込み を随時受け付けておりますので、是非お問い合わせください。 【取材依頼・お問い合わせ先】 会社名 :株式会社 R&MACH(アールアンドマッハ) (Oriental Sky Project、「つめから」プロジェクト広報窓口) 担当 :広岡 TEL :090-1100-8509 Mail :j.hirooka@r-mach.co.jp